Top >  腰痛とは >  腰痛のしくみ

スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

腰痛のしくみ

腰痛と言っても様々な腰痛症がありますが、この腰痛はなぜ起こるのでしょう。

腰の構造から腰痛のしくみを見ていきますと、腰痛の原因のひとつである腰や背骨の歪みは、腰痛だけでなく体全体の様々な症状を引き起こす原因となるようです。人間は本来4本の足で歩いていました。背骨は梁として内臓などを守り体を支えていたのですが、進化により2足歩行になり、背骨の役割は梁から体を支える柱へと変化しました。人間の背骨は、立った姿勢の時、脊椎がS字のようなカーブを描くのが普通です。このS字カーブにより、重い頭部を支え、バランスをとって2足歩行を可能にしています。骨格や骨の歪みが無く、姿勢が正しいものであれば、きれいなS字カーブによりバランスがとれるのですが、骨が歪んだ状態になってくると、健康的な姿勢が取れなくなり、筋肉やじん帯、椎間板などに負担をかけるようになってきます。それが腰痛として現れるのです。そしてそのまま歪みが進んで負担が大きくなっていくと、ますますいろいろな部分に障害が起きてきます。腰痛があると、腰の部分だけを注目しがちですが、骨格の歪みは全身につながるものなので、腰の分部だけが歪んでいるわけではありません。

次に、筋肉と骨格から腰痛のしくみを見ていきますと、腰痛に効くからと一生懸命に腹筋や背筋を鍛えても、かえって体を痛める結果になることがあります。健康な筋肉や骨格の場合、筋肉は骨格により支えられています。しかし、骨に歪みが出てくると、筋肉が緊張してこの歪んだ骨格を支えることになってきます。やがて筋肉にも歪みが生じて、この歪みが習慣になってきます。そしてこの歪んだままの筋肉をトレーニングすれば、なおいっそう筋肉や骨格を痛めることになってしまうのです。

このように体の歪みが腰痛などの原因となっているようなので、普段から正しい姿勢をこころがけ、腰痛の対策法や予防法などを取り入れて、体の歪みを少しでも無くしましょう。

 <  前の記事 病院での腰痛治療  |  トップページ  |  次の記事 腰痛〜ぎっくり腰と腰椎分離症・すべり症  > 

         

更新履歴

お気に入り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛なんとかして!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。