Top >  腰痛とは >  腰痛はなぜ起こる?

スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

腰痛はなぜ起こる?

どうして腰痛は起こるのでしょう。その原因となるものは様々ですが、そのうちのひとつとして、脊椎が持つ自然のS字カーブの歪みがあります。脊椎は通常、S字の形をした緩やかなカーブをえがいています。このS字カーブが、重たい頭部を支え、体全体のバランスを取って運動機能を維持していますが、何らかの原因によりこのS字カーブが通常でない形になると障害が出てきます。

このS字カーブの歪み方としては、まず、反りすぎが原因の腰痛で、凹背と言われ、前湾カーブと呼ばれる腰の部分が反りすぎることにより起こる腰痛です。もうひとつは、カーブが無くなりまっすぐな腰が原因で起こる腰痛で、平背とも言われ、前湾カーブが今度は平らになってしまうことで起こる腰痛です。これらのように、何らかの原因により脊椎が、通常のS字カーブを取らずに歪んでしまうため、起こる腰痛があります。

ではなぜこのS字カーブは歪んでしまうのでしょう。それは、普段取っている姿勢が悪かったり、生活の上での動作のくせや、仕事などのため、腰に負担のかかる無理な姿勢を続けている場合が考えられます。また、妊娠であるとか、肥満であるとか、そういう場合にも正常なS字カーブが取れない理由となるでしょう。そして、座っていることが多いことや、歩かない、運動不足などにより、腹筋や背筋などの筋力が低下し、脊椎を支える力が減少していくため歪みを大きくさせていると言われています。

普段の生活から、少しずつでも以上のことを意識して、腰痛になる原因を減らす努力をして、腰痛予防をしましょう。

 <  前の記事 腰痛を治して予防する  |  トップページ  |  次の記事 レーザーによる腰痛治療法  > 

         

更新履歴

お気に入り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛なんとかして!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。