Top >  腰痛とは >  腰椎すべり症や他のいろいろな腰痛症

スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

腰椎すべり症や他のいろいろな腰痛症

様々な腰痛症の中で腰椎すべり症と呼ばれるものがあります。腰椎すべり症は脊椎すべり症とも呼び、その症状は一般的な腰痛症と似ていますが、痛みはあまり激しいものでは無いようです。腰椎すべり症は、腰の痛みの他に、下肢の痺れや痛みが起こることが多くあるようです。また、この腰椎すべり症が起こる原因は、症状として椎体がその下の椎体より内側に滑り込んでしまう状態のことを言いますが、脊椎が何らかの理由で分離して起こったり、加齢のためや、激しいスポーツを続けたため椎間板が疲労骨折を起こしたためと考えられています。

このような腰椎すべり症には、いくつかの種類があるのですが、そのうちのひとつとして”腰椎分離すべり症”があります。前かがみの体勢を取ると痛みが出るようで、腰が突っ張るような症状がしたり、不安定な感じがするといった症状です。他に、”腰椎変性すべり症”というものがあります。これは立ち仕事を長く続けた結果起こることが多いようで、腰の痛みや痺れの他に臀部の痛みなどもあるようです。この他、”先天性腰椎すべり症”、”外傷性腰椎すべり症”、”病的脊椎すべり症”などがあります。

この腰椎すべり症の他の腰痛症としては、椎間関節性腰痛症などがあります。この椎間関節性腰痛症は、朝起きるときの痛みが激しく、徐々に体を動かすことにより痛みが楽になるというものです。原因として腰椎の関節の炎症などです。この腰痛症が起こりやすい年代は、中年以降の年代によく発症しやすいようです。この他、椎間板ヘルニア、坐骨神経症、シュモール結節、骨粗しょう症による腰痛などがあります。

 <  前の記事 腰痛ベルトでの腰痛体操  |  トップページ  |  次の記事 腰痛を予防しよう〜ウォーキング  > 

         

更新履歴

お気に入り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛なんとかして!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。