Top >  腰痛対策 >  腰痛予防のコツ

スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

腰痛予防のコツ

腰痛の原因として、長時間同じ姿勢を取ることや、無理な姿勢を続けるなどの原因と、運動不足による腹筋・背筋などの筋力の低下、肥満、疲労やストレス、加齢などでも考えられます。現代人は、日常で歩くことが無く、そのため腹筋や背筋、足の筋力などが衰え、腰痛を引き起こしています。無理に筋肉トレーニングなどをしなくても、この歩くことで筋力アップや骨の強化などが期待できます。コツとしては、歩く時に腰を前に出して歩くイメージで行なうと効果的だそうです。ダイエットにもつながり、一石二鳥ですね。その時使われている筋肉を意識することで効果がアップします。

この他歩く以外にも、日常に軽い体操やストレッチを取り入れることで腰痛予防になります。仕事の合間に軽く腰を回したり、上体をひねったりと、血流を促して、筋肉の緊張を取り、疲労物質を取り除くことで痛みがでることを防ぎます。また、拭き掃除なども筋力アップにつながるので、行なってみてはいかがでしょうか。腰の筋肉や体の筋肉は使わないとどんどん衰えてきますので、このような運動や動きを積極的に取り入れて、少しでも腰痛を防ぎましょう。

肥満や疲労・ストレスなど内因的な原因からの腰痛で悩む人も増えているそうです。普段からバランスのとれた食事を心がけ、ストレスを感じたら上手に発散するなどして、腰痛に成り得る要因を減らしていきましょう。現在は、若年層においてもぎっくり腰
などが増えていていると言われています。筋力の衰えや、骨自体の発育不足、低体温による血流障害など様々な要因が重なって起こっていると考えられています。

このような若い方でも簡単にできる予防法として入浴があります。入浴の際シャワーなどだけで済まさず、ゆっくりと湯船につかりましょう。半身浴などぬるめのお湯に時間をかけてゆっくりつかるのも良いでしょう。

 <  前の記事 腰痛症って?  |  トップページ  |  次の記事 腰痛時のマッサージ効果  > 

         

更新履歴

お気に入り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛なんとかして!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。