スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

« 2009年01月21日 | Top

【最新記事】

様々な原因から起こる腰痛ですが、出産後にも腰痛が起こる場合があります。特に注意が必要なのは、恥骨結合の分離です。妊娠中は、関係するホルモンの分泌により骨盤が緩みます。そしてこの骨盤の中を赤ちゃんが通り抜けるという大きな負担もかかります。そのため骨盤だけでなく、恥骨結合部分にも異変が起こることがあるようです。その場合の診断として、恥骨結合の分離という病名がつくことになるのですが、病院にて超音波検査を行なうことで判明することが多いようです。

またその他に、出産後の腰痛の原因として、仙腸関節に関係するものがあります。出産時には、骨盤の後ろの方にある関節の左右の位置にある仙腸関節の部分にも、かなりの力が加わるといわれています。仙腸関節は、通常の状態ですと、じん帯で支えられているのですが、妊娠と出産の過程によりこの仙腸関節はたいへん緩んでいます
この緩みが原因となり腰の痛みとして症状が出る場合があるようです。この関節の緩みに対応できるよう、ベルトなどでの治療が行なわれているようです。

またこの他では、出産により筋肉が緩んでしまう場合や、出産後に赤ちゃんを抱くことで、姿勢などの歪みにより腰痛が生じる場合もあるようです。出産後は産褥期間として、6週間から8週間ほどは無理をせず妊娠前の体に戻していくことが大切なのですが、生まれたばかりの赤ちゃんでも約3キロはありますので、腰や腕などお母さんの体への負担は避けることができません。出産によって体力が低下している上に、妊娠出産で緩んでしまった骨盤や関節、筋肉で赤ちゃんの抱っこは大変な負荷がかかり腰痛を発症することは多いようです。妊娠中から無理のない程度で足腰周りの筋力を鍛えたり、無理な姿勢を取らないなど工夫をすることが大切となってきます。また産褥体操など骨盤を引き締める運動もあるようなので、少しずつ行なって腰痛を予防しましょう。

スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

腰痛なんとかして!

腰痛持ちなら誰でも思うこと、とにかく腰の痛みをなんとかして欲しい。腰痛の原因は様々です。急性の腰痛、慢性の腰痛、それぞれの腰痛の原因や症状に応じた方法で、しっかり治療したいです。


更新履歴

お気に入り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo