Top >  腰痛治療 >  レーザーによる腰痛治療法

スポンサードリンク

雲のやすらぎ
こりや腰痛でお悩みの方★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団。こだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

王様の抱き枕
自分が一番リラックスできるいろいろな寝姿勢が自由に作れるので、自然に体圧の分散ができます。腰痛でお悩みの方に。

レーザーによる腰痛治療法

腰痛症のひとつに椎間板ヘルニアという病気があります。この椎間板ヘルニアの治療法として、レーザーを使用した治療法があるようです。レーザーと聞くと、ほくろやしみなどの除去を思い出しますが、腰痛症への治療法では、外科手術のひとつとなります。経皮的髄核減圧術と呼ばれている方法で、日本では、1992年からこの治療法が行なわれてきたようです。具体的には、数ミリ程度の針を椎間板の髄核まで刺し、そこにレーザーを当てます。レーザーを当てた箇所の椎間板の内部は、減圧状態となるため、神経が圧迫されるのが軽減されるというものです。

このレーザー治療法の対象となる症状としては、どのような腰痛症や椎間板ヘルニアでも該当するかというと、そうではないようで、専門の医師との相談が大切です。また、このレーザー治療法は、保険適用外の治療法になりますので、だいたいで20万円〜40万円の治療代がかかるようです。治療時間は約10分程度です。

この他の治療法としては、ラブ法と呼ばれるものがあります。このラブ法の具体的な説明としては、背中側を数センチ切開し、神経を圧迫している脊椎分部を削り取る方法です。これにより神経が圧迫されているのが軽減され、痛みが無くなるということです。このラブ法の手術は、約30分〜1時間程度の手術時間で、術後は1〜3週間の入院で退院できることが多いようです。

どの外科的治療にしても、医師との相談や詳しい説明の上、検討することが大切かと思われます。

 <  前の記事 腰痛はなぜ起こる?  |  トップページ  |  次の記事 腰痛〜カイロプラクティック院の選び方  > 

         

更新履歴

お気に入り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「腰痛なんとかして!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。